一人ひとりオーダーメイド級の葬儀を行う葬儀ディレクター

葬儀の準備をする際に、式場によっては、依頼をした担当者と違う人が入れ替わり立ち替わりで担当をするということも少なくありません。入れ替わり立ち替わりで依頼をした結果葬儀が失敗に終わるというケースもありますが、天光社(https://1000kaze.jp/)は、担当の葬儀ディレクターが最初から最後までついてくれます。

天光社(https://1000kaze.jp/)の葬儀担当ディレクターはいずれも独自の育成カリキュラムをクリアしたプロフェッショナルのみが担当します。資格取得だけでは無く、長年の歴史と経験で培ってきた独自カリキュラムを採用しているからこそ、勉強だけでは分からない現場に必要とされる能力が養われているのです。カリキュラムは半年にかかって行われており、しっかりと教育育成を終えた担当者のみがディレクターとしてつきますので、安心してお任せできるでしょう。

葬儀ディレクターの一番の魅力はなんといっても、提案や配慮力にあります。マニュアル通りの接客を行うのでは無く、1人1人に合わせた葬儀プランのご提案を始め、1人1人の気持ちを察したきめ細かい配慮力があるからこそ、安心して式をお任せできるのです。1人1人の葬儀の形を大切に、流れ作業としてでは無く1つの大きな思い出として残るように、担当ディレクターが最大限の力を発揮して式を作りあげます。

故人と過ごす最後の時間だからこそ、葬儀の作り方は何よりも大切です。天光社の担当ディレクターはその点をしっかりと心に刻み、1人1人に合わせて丁寧な対応を行ってくれます。